B型肝炎訴訟の給付金請求のための診断書

国の集団予防接種において注射器の使い回しによるB型肝炎の感染がありました。国も因果関係を認め、感染患者に対して給付金を支払うことになりました。手続きは、国に対して訴訟を起こす流れで、和解をして給付金を支払うことになります。

そのためには、B型肝炎ウィルスに感染をしていることを証明する医療機関の診断書が必要となります。継続して感染していることが条件ですので、6ヶ月の期間を空けて、2回の検査が必要です。その他、一次感染の場合は、母子感染でないことや、集団予防接種を受けたことが母子手帳などで証明されなければなりません。