B型肝炎訴訟の給付金請求のための診断書

国の集団予防接種において注射器の使い回しによるB型肝炎の感染がありました。国も因果関係を認め、感染患者に対して給付金を支払うことになりました。手続きは、国に対して訴訟を起こす流れで、和解をして給付金を支払うことになります。

そのためには、B型肝炎ウィルスに感染をしていることを証明する医療機関の診断書が必要となります。継続して感染していることが条件ですので、6ヶ月の期間を空けて、2回の検査が必要です。その他、一次感染の場合は、母子感染でないことや、集団予防接種を受けたことが母子手帳などで証明されなければなりません。

関連

B型肝炎訴訟における弁護士の報酬基準

B型肝炎訴訟におきまして、個人で行動するならば弁護士への相談をすることが推奨されております。

この弁護士への相談費用としましては、弁護士報酬基準に基づいて計算されるのが一般的とされております。しかしながらB型肝炎訴訟の場合におきましては完全成功報酬制を採用している事務所もありますので、良く吟味する必要があるとされております。

この案件に関しましては原告団と国の間で被害者救済措置の基本合意がなされて感染者への給付金支給に関する特別措置法も成立しておりますので、所定の条件に合致していれば訴訟提起をすることにより、裁判所からの和解手続を経て給付金の受給ということになります。

B型肝炎訴訟の弁護士によるストレス

B型肝炎訴訟の弁護士によるストレスを起こす可能性があります。

B型肝炎訴訟というのは、告訴の中でも大変なものです。

下手な弁護士に当たってしまうと、ストレスを起こす可能性もあります。告訴が大変なだけ色々な事情が絡み合い、そうしたB型肝炎訴訟は嫌なことも沢山あります。順序良くことが進んでいったとしても、弁護士によるストレスはかなりあります。

B型肝炎訴訟となると、かなりの大きな告訴となり、そうした告訴を起こすことで、ただ嫌な思いをするということはあります。それ以上に、弁護をする人だとしても、その間で嫌なことが起こるのです。