B型肝炎訴訟の給付金申請期限

B型肝炎訴訟の給付金申請には、損害賠償の請求権が消滅してしまう期限があります。平成24年1月13日から平成29年1月12日までの5年間と定められています。一次感染者、一次感染者の母親からの二次感染者、亡くなられていた場合はその遺族が申請することができます。

証明する書類は多く時間もかかりますが、期限として心配されるのは、持続感染を医療機関で検査の上、診断書を出してもらうことです。持続感染を裏付けるために6ヶ月間の間を空けて検査をする必要があり、ギリギリで始めると間に合わないことがありますので注意が必要です。