B型肝炎訴訟と弁護士の年収について

今尚国内で問題になっているのが、B型肝炎訴訟です。集団予防接種などの時の、注射針を使い回しが原因で感染してしまった人も多いですし、最近では医療介護の現場で血液感染などでB型肝炎になってしまう方もいます。

そして、そのような時に、国や企業などの法人を相手取って起こされる訴訟も増えています。そこで活躍するのが弁護士であり、そのB型肝炎訴訟を専門に取り扱う弁護士の年収はかなり高くなっている傾向にあります。

これからもそのB型肝炎訴訟は一定数ありますので、対応する弁護士の年収も高ければ、その活躍も期待されています。