B型肝炎訴訟で給付金を受けるには

B型肝炎訴訟をして給付金を受ける条件は集団予防接種で感染したこを証明する必要があります。自分が給付を受けれるのか気になる人はB型肝炎専門サイトで診断を受けることも可能です。どちらにしても一般の人には訴訟は難しいものです。弁護士に依頼してB型肝炎訴訟を行うことをおすすめします。

肝炎の検査結果や、母子手帳、カルテなどを用意して弁護士さんに相談にいくことをおすすめします。裁判から和解までも期間は短く、長くて1年ぐらいで和解が成立しまうすので、給付金を受けるまでは、そんなに長い期間はかかりません。対象資格のある方は弁護士さんに早めに相談しましょう。

関連

B型肝炎に感染した場合の給付金

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスに感染することにより肝炎を起こし、慢性化することにより、肝硬変や肝臓がんなど命を脅かす病気となる危険性のあるものです。B型肝炎の原因としては、母子感染や、注射や輸血などによる水平感染などが考えられます。

このうち、もっとも考えられているのが集団予防接種等の注射器の使いまわしによるものです。この場合、国より給付金を受け取ることができます。

7歳までの予防接種で注射器が使いまわされていた等、対象となる人は国に対し国家賠償請求を行い、認定されれば、病状により50万円~3600万円の給付を受け取ることができます。