B型肝炎給付金の請求訴訟に必要な書類は?

過去に行われた集団予防接種によりB型肝炎に感染してしまった人や、感染者から母子感染によりウイルス保持者となってしまった人に対しては、国の救済措置であるB型肝炎に関する特別措置法に基づき給付金が支払われます。

このB型肝炎給付金を請求するためには、国に対して訴訟を提起する必要があります。

提訴に必要なものは医療機関によるB型肝炎に感染していることを証明する書類、母子健康手帳や、市町村によれば保管していることもある予防接種台帳の写しなど集団予防接種を受けていることを証明する書類、診断書など現在の病気の状況を示す書類などが必要です。

また二次感染の場合は母子感染であることを証明できる書類が必要になります。なおこれらの書類を用意できない場合でも、代替の書類でB型肝炎給付金請求が可能なケースもあります。