B型肝炎の給付金請求は弁護士でも大丈夫

B型肝炎に感染してしまった人のうち、過去に行われた集団予防接種により感染してしまった人、およびその感染者から母子感染により2次感染してしまった人については、国が定めたB型肝炎感染者に対する給付金に関する特別措置法により、一定の給付金が支払われます。

ただこの給付金を請求するためには、裁判所に対して国を相手取った訴訟を提起する必要があります。

これは国との和解が成立したことを証明する和解調書が、損害賠償請求には欠かせないものだからです。

訴訟を起こすためには訴状の準備や感染を証明する書類などの準備が必要ですが、一連の手続きの一部、もしくは全部について弁護士に依頼することも認められていますので、このような手続きが苦手な人は専門家に一任してもいいでしょう。