B型肝炎の給付金訴訟の延長について

B型肝炎は、集団予防接種の際に注射器を使い回すことなどで感染が拡大することがあります。これに対しては、被害者が訴訟を起こし、母子手帳やカルテなどを提示することで、ウイルス感染と予防接種との因果関係が認められれば、給付金を請求することができます。

その期限は、これまで2017年と定められてきましたが、2016年に5年間の延長が認められ、2022年まで給付金を請求できることになりました。さらに、この改正案では、20年以上前にウイルス感染が原因で死亡した人や、肝ガンと肝硬変を発症した人なども対象に含まれることが定められています。

関連

肝臓の病気であるB型肝炎訴訟費用

様々なウイルスが原因で肝臓が炎症を起こし、肝細胞が壊される病気を肝炎と言います。

肝炎にはA型、B型、C型などいくつかの種類がありますが、この中で注目されるのがB型肝炎です。というのは、昭和23年から行っていた子どもの集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった患者が推計45万人もいるからです。

全国各地で訴訟が起こされ、国は和解案を示し、集団予防接種でB型肝炎に感染してしまったことが認定されれば、給付金が支給することになりました。

しかし、そのためには訴訟費用や弁護士費用を捻出して国を相手に裁判を起こさなければなりません。

そのために泣き寝入りしている患者も少なくありません。