B型肝炎の原因とワクチン

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスが血液や体液を介して感染する肝臓病です。その原因は主に二種類あります。

一つは、母子感染であり、B型肝炎ウイルス保有者の母親から生れてくる子どもへの感染です。

もう一つは、輸血・性行為・針刺し事故・刺青などにより、ウイルスに感染することです。予防法として、ワクチンの接種が一般的です。世界的にみると小児全員にワクチン接種を実施している国も多く見られますが、日本では母子感染が疑われる新生児と医療従事者に投与されています。
WHOではB型肝炎の感染源の撲滅と肝硬変・肝臓がんの減少の為に、全ての新生児に生れたらすぐのワクチン接種を促しています。