B型肝炎訴訟において必要な証拠

B型肝炎訴訟では、証拠として、一次感染者ならば、肝炎の検査結果や母子健康手帳、カルテ等が必要です。二次感染者は、先に述べたように母親が一次感染しているという証明と、自分が肝炎に感染しているという検査結果が必要です。

ですが、B型肝炎は、集団予防接種以外にも感染原因があるので、訴訟後すぐに給付金が受給できるわけではありません。集団予防接種による持続感染者である方と認められなければなりません。国側が、集団予防接種による注射器の使い回し以外での感染であることを証明できた場合は、受給することはできません。