B型肝炎訴訟における弁護士の報酬基準

B型肝炎訴訟におきまして、個人で行動するならば弁護士への相談をすることが推奨されております。

この弁護士への相談費用としましては、弁護士報酬基準に基づいて計算されるのが一般的とされております。しかしながらB型肝炎訴訟の場合におきましては完全成功報酬制を採用している事務所もありますので、良く吟味する必要があるとされております。

この案件に関しましては原告団と国の間で被害者救済措置の基本合意がなされて感染者への給付金支給に関する特別措置法も成立しておりますので、所定の条件に合致していれば訴訟提起をすることにより、裁判所からの和解手続を経て給付金の受給ということになります。