B型肝炎に感染した場合の給付金

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスに感染することにより肝炎を起こし、慢性化することにより、肝硬変や肝臓がんなど命を脅かす病気となる危険性のあるものです。B型肝炎の原因としては、母子感染や、注射や輸血などによる水平感染などが考えられます。

このうち、もっとも考えられているのが集団予防接種等の注射器の使いまわしによるものです。この場合、国より給付金を受け取ることができます。

7歳までの予防接種で注射器が使いまわされていた等、対象となる人は国に対し国家賠償請求を行い、認定されれば、病状により50万円~3600万円の給付を受け取ることができます。

B型肝炎の訴訟費用の原因はなんだろう

B型肝炎の訴訟費用の原因を考えた時、裁判で不利になるケースがあります。それはドラッグなどのによる注射器の回し打ちです。この場合は、ある程度自業自得な面がありますので、仕方のないことと言えます。そのため、裁判所も判決を軽くする傾向があります。

そして、その真逆がB型肝炎の訴訟費用の原因が、病院で健康診断などによって起こった、注射器の連続使用によるものです。そうしたものは、完全に医療の問題に入るので、B型肝炎の訴訟費用の原因として、しっかりとしたものとなります。

大きな利益を得ることが、できるはずです。

B型肝炎訴訟と弁護士の年収について

今尚国内で問題になっているのが、B型肝炎訴訟です。集団予防接種などの時の、注射針を使い回しが原因で感染してしまった人も多いですし、最近では医療介護の現場で血液感染などでB型肝炎になってしまう方もいます。

そして、そのような時に、国や企業などの法人を相手取って起こされる訴訟も増えています。そこで活躍するのが弁護士であり、そのB型肝炎訴訟を専門に取り扱う弁護士の年収はかなり高くなっている傾向にあります。

これからもそのB型肝炎訴訟は一定数ありますので、対応する弁護士の年収も高ければ、その活躍も期待されています。