成功報酬でB型肝炎訴訟の対応をしてくれる弁護士

昔の集団予防接種において、注射器が連続使用されたことでB型肝炎ウイルスに感染した人や、その人からさらに母子感染した人に対し、給付金の支給が行われています。

しかし、ただ申請すればもらえるものではなく、給付を受ける条項に該当しているか判断が必要であるとともにB型肝炎訴訟を国に対して起こし、和解等が成立した場合のみ給付されます。

弁護士にはB型肝炎訴訟に詳しく、専門的に対応してくれているところがあります。

依頼を行う際は費用が心配になりますが、B型肝炎相談料や調査費・着手金が無料で、成功報酬のみ発生する弁護士事務所などに依頼すれば、裁判で訴えが認められず給付が得られなかった場合に弁護士費用も発生しないため安心です。