二次感染によるB型肝炎訴訟の給付金申請

国の集団予防接種におけるB型肝炎感染の訴訟の給付金申請は、一次感染の患者本人はもちろん、患者が無くなっていた場合にはその遺族や、一次感染した母親から生まれた母子感染者も給付金の対象となります。

母子感染による二次感染者の場合は、母親が一次感染者である条件を全て満たしていることはもちろん、輸血などではなく母子感染によるものをあきらかにしなければなりません。

二次感染者がB型肝炎ウイルスに持続感染していることを医療機関で証明し、診断書を発行してもらう必要があります。持続感染を証明するために、6ヶ月の間を空けて2回検査を行ないます。

関連

B型肝炎の給付金の受給に必要な書類とは

かつて行われた集団予防接種などの際に、B型肝炎に罹患してしまった人を対象に給付金が支払われます。

これはB型肝炎特別措置法に基づく措置で、感染者およびその感染者から2次感染してしまった人を救済する目的でおこなわれています。この給付金を受け取るためには国に対して訴訟を提起する必要があります。

これは国との和解協議に基づいて給付金が支払われるためです。この裁判によって和解が成立すると、和解調書という書類が作成されますが、この書類を社会保険診療報酬支払基金に提出するとお金が支払われるのです。

また裁判をおこなうためにはウイルスに感染していることを証明する書類や集団予防接種による感染を証明できる母子手帳、医療記録などが必要です。

なお詳細については厚生労働省のウェブサイトに掲載されています。