二次感染によるB型肝炎訴訟の給付金申請

国の集団予防接種におけるB型肝炎感染の訴訟の給付金申請は、一次感染の患者本人はもちろん、患者が無くなっていた場合にはその遺族や、一次感染した母親から生まれた母子感染者も給付金の対象となります。

母子感染による二次感染者の場合は、母親が一次感染者である条件を全て満たしていることはもちろん、輸血などではなく母子感染によるものをあきらかにしなければなりません。二次感染者がB型肝炎ウイルスに持続感染していることを医療機関で証明し、診断書を発行してもらう必要があります。持続感染を証明するために、6ヶ月の間を空けて2回検査を行ないます。